おすすめコラム

【サッカリンナトリウムとは】虫歯の原因は歯磨き粉の甘味料??

おすすめ

こんにちは、きこです。

ご覧いただきありがとうございます。

今回は、歯磨き粉に含まれる成分で、その安全性に関して問題視されている「サッカリンナトリウム」を紹介します。

最後までお読みいただけるとありがたいです。

はじめに

サッカリンナトリウムは食品添加物である人工甘味料の一種で、多くの歯磨き粉に使われています。(水に溶けにくいサッカリンを水に溶けやすくしたものがサッカリンナトリウム。)

食品添加物も人工甘味料も馴染みのある言葉で、印象が良くはない、むしろ悪いかもしれないですが、これが歯にどのような影響を与えるのか、詳しくみていきたいと思います。

サッカリンナトリウムとは

先に答えを言ってしまったのですが、サッカリンナトリウムは人工甘味料で、甘さは砂糖の数百倍あります。砂糖の代替品として使われていますが、それは当然砂糖を使うことでデメリットがあるからです。

砂糖のデメリット

砂糖を摂取しすぎると、糖尿病、高血圧、低血糖症、肥満、がん、脂肪肝、動脈硬化、腎臓病、疲労、頭痛、不眠、かぜ、胃腸炎、精神疾患、子供の情緒異常、アレルギー性疾患、婦人科疾患、認知症、アルツハイマー、冷え性、耳鼻科疾患、膀胱炎、水虫、歯槽膿漏、、、。真偽はともかく、少し調べただけであらゆる健康被害がヒットします。

サッカリンナトリウムのメリット

人工甘味料は砂糖の何倍も甘いので、少量の使用で効果を発揮できます。また、砂糖よりも低カロリーなだけでなく、食後の血糖値が上昇しないため、肥満・糖尿病を含め、先程あげた症状の予防に役立つといわれます。

しかし、人工甘味料にも欠点はあります。

歯磨き粉に使われる理由

サッカリンナトリウムの欠点をみていく前に、そもそもなんで歯磨き粉に使われてるのか確認していきます。

なんで使われる?

甘味料という言葉の通り、歯垢除去や泡立ち効果を狙っているはずはなく、味です。

正式な言い方だと、香味剤という用語で表され、歯磨き粉裏の香味剤の欄に表記されます。香味剤は香料と甘味料を合わせた言葉で、サッカリンナトリウムは甘味料の方です。

歯磨き粉の成分表記(香味剤)

歯磨き粉の成分を見ると、「香味剤:香料(○○ミント)、サッカリンナトリウム」みたいな感じで書いてありますが、サッカリンナトリウムも香料というわけではなく、上で見たように甘味料です。

歯磨き粉の成分表示要綱で、香味剤について、香料→甘味料の順番にしなくてはいけなく、香料は「香料」という文字を入れて、その後ろに慣用表現(クリアミントとか、ホワイトフローラルミントとか、正式じゃないけどみんなが分かる一般的な表現)を入れ、その後に、含まれる甘味料全てを記載しなくてはいけない、という決まりがあります。

サッカリンナトリウムは香味剤として、もっと細かく言うと甘味料(味付け)として歯磨き粉に添加されています。

サッカリンナトリウムの健康被害

人工甘味料の健康被害は様々あって、その中でもサッカリンナトリウムは、不妊・胃酸過多・腹痛等書かれている記事もありますが、メインは発がん性と糖尿病の2つです。

発がん性

半世紀ほど前からマウスを用いた実験などの動物実験がいくつか実施され、発がん性が認められたものもあり、日本を含めた各国で一度は使用禁止になった背景もありますが、現在は人体への発がん性は認められないということで、表示義務・量の制限はあるものの、使用することができるようになっています。

一度使用禁止になり悪い印象がついてしまったことや、昔の実験で正直正確性も不明だけれど、動物実験で発がん性が確認されたことから、これをどのようにとらえるかにはよるが、そこまで危険ではないといえるのではないでしょうか。

ちなみに、発がん性とは真逆で、抗がん作用があるのでは?というような研究報告も出てきており、「糖尿病・肥満患者よ、サッカリンを食べよう」みたいな題名の本も出版されています。

糖尿病

マウスを用いた実験や人体実験などから糖尿病になる恐れがあると報告があります。色々な研究がありますが、人工甘味料を摂取したグループと摂取してないグループを比較し、摂取した方が糖尿病のリスクが高かった、というようなものからもっと複雑なものまで様々。

こちらに関しては、そもそも人工甘味料って砂糖に似ているので、糖尿病になるリスクがあるといわれてもそこまで驚きはないかと思います。砂糖よりは糖尿病リスクは少ないかもしれませんが、いずれにせよほどほどにしておくとことが大切だと思います。

まとめ

発がん性は無い可能性が高く、糖尿病は関係する可能性がある、ということになります。

虫歯の原因になる?

甘いものを食べると虫歯になると言われていますが、甘いものといっても、種類がたくさんあり、虫歯になりやすいもの、なりにくいものがあります。

サッカリンは○○甘味料

前提知識として、甘味料は大きく分けて2つ、糖質系甘味料と非糖質系甘味料に分けられます。糖質系甘味料はその名の通り糖に由来し、これに分類されるショ糖、果糖、ブドウ糖、麦芽糖は虫歯になりやすい糖といわれているため気を付けなければいけません。

同じ糖質系甘味料でも、歯に良いといわれガムなどにも入っているキシリトール、マツコさんのcmでもおなじみのピュオーラにも入っているエリスリトール、ソルビット液という名前で歯磨き粉に添加されることもあるソルビトール、そのほか聞いたことのあるものだとオリゴ糖など、これらは虫歯になりづらい糖に分類されます。

問題のサッカリンナトリウムですが、糖質系甘味料ではなく、非糖質系甘味料に分類され、糖からできていないため、虫歯のもとにはならないといわれます。

結局サッカリン入り歯磨き粉は使っていいの?

サッカリンナトリウムが入っていることで健康になるわけではないので、入っていないに越したことはないのかもしれませんが、歯磨き粉に添加されているサッカリンナトリウムを気にする前に、食事・運動などの生活面の改善を図った方がいいかもしれません。

歯磨き粉に入っているサッカリンナトリウムの量は微量なので、健康に与える影響は無いに等しいですが、糖尿病との関連性は否定できないので、もし気にする方は、サッカリンナトリウムの入っていない歯磨き粉に変更しましょう。発がん性・虫歯については上で見た通り問題なさそうです。

サッカリン不使用の歯磨き粉

サッカリンナトリウムの入っていない歯磨き粉を少し紹介します。(有名な歯磨き粉の8-9割くらいに使われている気がします。)

クリーンデンタル

シティースホワイト

プレミアムは有り

生葉

ひきしめと無研磨タイプはサッカリン有り

ピュオーラ

いたわりのみ

サンスター薬用塩ハミガキ

デンタアパトー

コープ

チェックアップジェル

ドクターオーラル

その他

まとめ

サッカリンはいかがでしたでしょうか。

安全性について気になった方は、これからの歯磨き粉選びの参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【成分】
フッ素
研磨剤(清掃剤)
着色剤
ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)
サッカリンナトリウム(香味剤・本記事)

読者の口コミ 〈本商品を使ってみた感想をお送りください!〉